団塊世代向け野菜の効能

野菜を摂ることは健康に良いと思っている人は多いと思いますが、実際その野菜の栄養にはどのような効用があるのでしょうか。

ドンドン高齢化社会が進む中、老化防止によい野菜が有ります。

それは、カボチャ、玉ねぎ、なすなどです。

かぼちゃは若返り、老化防止に良いビタミンEが野菜の中で最も多く含まれています。

血流を良くし血管を若々しく保つビタミンEは肌のくすみにも効果があり、ビタミンEの他にかぼちゃに豊富なカロチンは老化の元になる話題の活性酸素をビタミンEと共にとる事で無毒化できます。

玉ねぎは活性酸素から体を守る働きをするポリフェノールが豊富で血液もサラサラにします。

これを聞いたらスライスしてしばらく水につけるだけで簡単に出来るオニオンスライス食べない手はないですね。

そしてなすは皮の部分にポリフェノールが含まれるため皮も食べる事により玉ねぎと同じような効用を得られます。

そして、老化のひとつでもある物忘れには枝豆や竹の子が良い働きをする事が分かっています。

枝豆にはレシチンが含まれ、脳神経や神経組織を構成する成分の一部になります。

そのため脳の活性化を促し記憶力減退や痴呆の予防になります。

そして竹の子ですが、一見栄養とは無関係のような気がしますがこれには必須アミノ酸のひとつチロシンが含まれ、脳にやる気を起こさせる神経伝達物質の働きをします。

チロシンは茹で竹の子の表面に付くかたまりの事なので取り除かない方が栄養を効率よく摂る事ができます。

さらに竹の子のうまみ成分には脳神経細胞の一つである働きがあり、脳機能を活性化させます。

また食欲不振には香辛料、生姜、生わさび、唐辛子、カレー粉などが良いとされますが他に山芋、大根、かぶなどの野菜も良いとされています。

ジアスターゼ、アミラーゼなどの消化酵素が豊富な山芋はそれ自体の消化もよいのですが、一緒に食べた物の栄養を胃に負担をかけずに無駄なく吸収する働きがあります。

又、昔から言われているように大根にもジアスターゼが豊富に含まれています。

ジアスターゼは消化促進の他に胃酸を調整する働きがあります。大根の消化酵素は熱に弱く酸化も早い為生で、より新鮮なうちに摂る必要があります。

天ぷらに大根おろしを入れて食べる意味がこれですね。

かぶもジアスターゼが豊富で消化を促進します。

動脈硬化予防には玉ねぎ、しいたけ、里芋が、糖尿病予防にはごぼう、ゴーヤ、舞茸がよいとされています。

野菜には老化や色々な病気予防などに良い効用が多くありますが、やはり野菜も偏食せずに色々な種類をバランスよく摂ることが大切だということですね。

こう考えてくると昔から日本の食事にある「煮物」といわれる料理は理に叶っているんですね。




【野菜の効用とはどんなものの最新記事】

野菜を食べるとこんな効果が出る

野菜といえば健康に良く栄養が豊富というイメージが有りますがその効用にはそれでは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

ネギ、しょうが、カリフラワーといえば一般的に風邪に効用があるといわれています。

ネギは白い部分に風邪のウイルスに対する殺菌、発汗、解熱作用などがあり、香りの成分に殺菌作用やのどの痛みに良い成分があります。

そして保温、発汗作用もあります。

ちなみに私はこのネギを風邪かなと思ったときよく利用するのでその利用法をご紹介します。

根深ネギ1本を刻みます。

それをお椀ににいれ味噌を適量加えます。

そこに沸かしたお湯を注ぎ味噌汁のようにします。

この熱々のネギ味噌汁でネギを沢山食べ直ぐに寝ます。

このようにして風邪気味の時にネギを食べる為だと思いますが風邪でお医者さんに行く事は殆どありません。

またしょうがには鎮痛、鎮咳、発汗、解熱作用があり、カリフラワーにはビタミンCが多く、免疫力を高めウイルスを撃退します。

風邪気味の時は一日の所要量の3倍ほど(300g)ビタミンCを摂る必要があるそうです。

ビタミンCのキャンディとかタブレットとかありますよね、こんなのも利用する手もあると思います。

体の疲れにはにんにく、ニラ、アスパラガスが良く、にんにくのアシリンは疲労回復効果のあるビタミンB1(豚肉、うなぎなどに多く含まれる)の吸収を高め、長続きさせる効果が、ニラもまたにんにくと同じような効果があります。

さらにニラにはカロチン、ビタミン類、ミネラルも豊富でカロチンは皮膚を強化します。

アスパラガスはアスパラギン酸(ドリンク剤がありますね)がエネルギー代謝向上、スタミナアップ、疲労への抵抗力に効果があります。

カルシウムが不足するとイライラにつながるとされていますが、このイライラには小松菜、かぶの葉、セロリが良いとされています。

小松菜は余り栄養素が無いと思われがちですが、カルシウムが豊富でほうれん草の5倍ほど含まれています。

カルシウムの他には亜鉛も含まれ、これは不足すると情緒不安定や注意力散漫などの状態になります。

かぶの葉にも小松菜と同じような栄養があり、ビタミン類も豊富です。

最近は大根の葉もそうですが、切り落とされているものが多いですが積極的に葉付きのものを買ってきて葉の部分を食べたいですね。

セロリ(特に葉の部分)は香りに含まれるアビオイルがストレス解消、イライラを静める働きがあります。

カルシウムはビタミンDを多く含む食品(きのこ、魚、レバー)と共に摂ると良いとされています。

野菜には色々な効用があるようですね、やはり上手に食事を組み合わせて食べると相乗効果でより栄養素を摂る事が出来る食材であるといえます。

野菜の栄養と体に及ぼす効果

野菜不足は健康に気をつかう人なら誰もが気になる事ではないかと思いますが、それではその野菜を摂る事でどのような栄養を補う事が出来、体にどんな効果があるのでしょうか。

野菜を種類別にみてみると、まず緑黄色野菜、これは可食部100g中にカロチンを600マイクログラム以上含有する野菜のことを指します。

青ピーマン、トマトなどは含有量が足りないのですが緑黄色野菜と定義されています。

緑黄色野菜には、カロチンのほかに、ビタミンB1・B2、ビタミンC・E、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれており、ビタミンB1・B2、ビタミンC、カルシウム、鉄、カリウムなどは淡色野菜のおよそ2〜3倍多く含まれています。

そして淡色野菜とは緑黄色野菜以外のカロチン含有量の少ない野菜を指します。

栄養素は野菜によって様々ですが、主に体の調子を良好にする役割を持っています。

例えばキャベツに含まれるビタミンU、これはキゃベジンといえば解りやすいかもしれません。

玉ねぎに含まれるアリシン、これはビタミンB1の吸収をよくします。

セロリのあの独特な香り、セネリンは肝臓強化、食欲増進などの働きがあります。

体を細菌などから守る働きをする白血球やマクロファージと野菜の関係についての研究などからは、緑黄色野菜よりもキャベツや大根などの淡色野菜の方が免疫を高める作用がある事が分かっています。

そして淡色野菜に含まれるイオウ化合物には体の免疫システムを活性化させ、ガンや生活習慣病予防に効果があるとされています。

また、ねぎ、玉ねぎ、らっきょうなどに含まれる硫化アリルには免疫力向上の他にも疲労回復、生活習慣病やガンを予防する効果が認められています。

つい最近まで栄養素の多い野菜としては緑黄色野菜ばかりが注目されてきましたが、淡色野菜の健康への役割も次々と発見されています。

緑黄色野菜も淡色野菜も両方をバランスよく摂るのが一番なようです。

目安としては1日に緑黄色野菜120g以上、淡色野菜200g以上を摂るように心がけると良いとされています。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。