輸入野菜について

日本の野菜は世界45カ国からやってくると言われています。

野菜に限らず小麦、砂糖、海老、肉類など様々な食材が世界中から輸入されています。

菓子類や料理の食材など様々な輸入食品を扱う店も年々増えています。

食生活の多様化により、和食以外の食事を摂る機会が急激に増えた事による食材の輸入、という事も考えられますが、それだけではなく私たち日本人にとって馴染みの深い、かぼちゃ、ねぎ、しょうが、ごぼう、しいたけなども輸入の割合が増加しています。

国産品にくらべ安い価格で手に入る輸入野菜ですが、生鮮食品の他にも日本人には馴染みのある漬物、冷凍野菜、水煮野菜などの産地表示を見ても輸入野菜が増加している事が分かります。

穀類、肉類、乳製品などに比べればまだ日本国内での自給率は高いとされる野菜ですが、しょうが、アスパラガス、ブロッコリー、などは輸入の割合が半分を越え、枝豆、里芋、かぼちゃなどは30%を超え、近年の輸入野菜の増加がうかがわれます。

輸入量が多いのはアメリカと中国とされますがアジア太平洋地域の野菜も増加傾向にあります。

かつては外国の食材というと、農薬の使用などの安全性への不安から選択されにくいものであったそうですが、現在では特に価格の面、品質の向上や、季節を問わずに楽しめる事などから輸入野菜を選ぶ場合も増えている事が分かっています。

しかしつい最近中国産野菜の残留農薬の問題などが次々と発覚し報道などもされたため、中国産野菜や輸入野菜を消費者などが見直す機会もありました。

しかし輸入野菜の増加と一言に言っても、国内の生産環境やコスト、流通など様々な問題が背景にあり安全性の為だけに輸入が減少する事は無い事が分かります。

また、輸入食材に限らず、これもつい最近、国内産の食品なども次々と安全性の疑問視される報道などがなされた事は記憶に新しいです。

現代の日本ではスーパーなどに輸入食材が並ぶ事があたりまえの時代になりましたが、消費者の側が出来る限り慎重に食材を購入する事も必要な時代であるといえます。

まず産地表示などを少し気にかけてみる事などから始めてみたいものです。

「地産地消」という言葉を聞かれたことはありませんか?

大雑把に言えば、その土地土地で作られたものを食べましょうといった意味合いですが、その地方にしかないもの、あるいはその土地にあってできたものがそこに住む人にとって一番適した食べ物ですという
ことも言われています。

考えてみる必要があるのではないでしょうか。

新顔野菜について

前回の伝統野菜に対して新顔野菜について。

最近スーパーなどで見慣れない野菜が増えてきたのではと思います。

これら「新顔野菜」は、大まかに専門家のみが使用して一般的に流通していなかったものや、海外から輸入されたもの、品種改良によって新しく生まれたものなどの事を呼ぶようです。

山口県で生まれた「はなっこりー」は中国野菜のサイシンとブロッコリーを掛け合わせて作られた野菜で、味もよく栄養価も高くなっています。

品種改良によって生まれる新顔野菜には良い特徴が沢山あるようです。

また最近スーパーでよく見掛ける様になった「スプラウト」ですが、これは植物(主にブロッコリー)の新芽の事で、見た目はかいわれ大根ととても似通っています。

成熟した野菜よりかなり多くのビタミンやミネラルを含み特にがん予防に良いという事などから注目される野菜です。

また最近ではブロッコリー以外にもレッドキャベツ、クレス、マスタードなどのスプラウとも販売されており、他にはアルファルファやかいわれ大根、そしてもやし、豆苗などの豆の新芽もスプラウトです。

食べ方にサラダ、味噌汁、炒め物など様々な調理方法が可能です。

2004年に行われた「目新しい野菜の購入経験」の調査を見てみると、多い順にパプリカ、水菜、エリンギ、バジル、下仁田ねぎ、ゴーヤー、クレソン、葉ニンニク、フルーツトマト、うど、冬瓜、やつがしら、高菜、ラディッシュ、ルッコラ、芽キャベツ、ふきのとう、たらの芽、エシャロットとなるそうです。

しかし新顔野菜の種類も豊富になり野菜への関心が高まっている反面、野菜の摂取量は年々減少傾向にあるそうです。

健康ブームにも反した傾向とも言えます。

新顔野菜のみならず昔からある野菜にももう一度目を向け、食事に野菜を上手に組み合わせて健康な食生活をおくりたいものだと思います。

伝統野菜って知っていますか

伝統野菜といわれるものが有りますがご存じでしょうか?

日本の伝統野菜といえば何があるでしょうか。地域によって様々な野菜が伝統野菜とされていますが、その概要はどのようになっているのでしょうか。

まず北は北海道の伝統野菜には、「食用ゆり」、「札幌大球キャベツ」、青森県は「阿房宮(食用菊)」、「糖塚きゅうり」、秋田県は「松館しぼり大根」、「とんぶり」、「平良かぶ」、「かのかぶ」、岩手県は「二子さといも」、「暮坪かぶ」、「地だいこん」山形県は「雪菜」、「うこぎ」、「だだちゃ豆(枝豆)」、「じゅんさい」、「豊栄大根」、「ゆずりはきもど」、「温海かぶ」、「民田なす」、そして関東、中部には群馬県「ベニバナインゲン」、「陣田みょうが」、「国分にんじん」、栃木県「ゆうがお」、「宮ねぎ」、「新里ねぎ」、千葉県「だるまえんどう」、「はぐらうり」、「早生一寸そらまめ」、東京都は「金町こかぶ」、「千住ねぎ」、「本田うり」、「亀戸だいこん」、「うど」、「小笠原かぼちゃ」、「練馬だいこん」、新潟県は「久保なす」、「白なす」、「赤かぶ」、「女池菜」、「白十全」、「鉛筆なす」、「砂ねぎ」、「居宿葉ねぎ」、「小平方茶豆」、「寄居かぶ」、「小池ごぼう」、「カキノモト」、「城之古菜」、「長岡菜」、「黒十全」など、長野県は「親田辛味だいこん」、「開田かぶ」、「沼目しろうり」、山梨県は「おちあいいいも」、「鳴沢菜」、「長かぶ」、「長禅寺菜」、「大塚人参」、「クレソン」、「大野菜」、「水かけ菜」、「茂倉うり(きゅうり)」、愛知県は「宮重大根」、「守口大根」、「八事五寸人参」、「碧南鮮紅五寸人参」、「木之山五寸人参」、「八名丸さといも」、「愛知本長なす」、「青大きゅうり」、「落瓜」、「金俵まくわうり」、「かりもり」、「野崎2号白菜」、「野崎中生キャベツ」、「餅菜」、「まつな」、「治郎丸ほうれん草」、「越津ねぎ」、「十六ささげ」、「姫ささげ」、「白花千石豆」、「紫芽うど」などがあります。

そして関西、京野菜には「加賀なす」、「山科なす」、「もぎなす」、「伏見とうがらし」、「万願寺とうがらし」、「田中とうがらし」、「ミズ菜」、「畑菜」、「聖護院だいこん」、「辛味だいこん」、「すぐき」、「鹿ヶ谷かぼちゃ」、「桂うり」、「えびいも」、「京ぜり」、「掘川ごぼう」などがあり、四国、徳島県には「ごしゅういも(源平いも)」、「阿波みどり(しろうり)」、「阿波だいこん」、中国、広島県には「矢賀ちゃしゃ」、「笹木三月だいこん」、「広島おくら」、「観音葉ごぼう」、「深川早生芋」、「観音ねぎ」、「青大きゅうり」、九州、熊本県には「水前寺もやし」、「熊本京菜」、「阿蘇高菜」、最後に沖縄県には「モーウイ(きゅうり)」、「島だいこん」、「ゴーヤ」などが伝統野菜として現在も残っています。

ここに挙げられなかった県にもそれぞれの風土に根付いた伝統野菜が数多くありますが、やはりそれぞれに地域特有の伝統的な調理法があるようで、日本各地の特徴を知るひとつとして伝統野菜というものも重要な役割を持っているのではと思います。

自分の住んでいる地域や出身地懐かしい名前があったかもしれません。

今では名前を聞いたことも無い伝統野菜がありますね。

私としては残して言って欲しいのですが。。。。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。