有機野菜とは

「野菜が栄養のあることは解っています、でも農薬の問題が心配で」

こんな事を考えている方もいらっしゃると思います。

最近スーパーなどでも有機野菜、オーガニック野菜コーナーなども見受けられるようになりました。

でも、有機野菜、オーガニック野菜ってどんなものなのでしょう。

有機農産物とは「生産から消費までの過程を通じて化学肥料、農薬等の合成化学物質や生物薬剤、放射性物資(遺伝子組み換え種子及び生産物等)をまったく使用せず、その地域の資源をできるだけ活用し、自然が本来有する生産力を尊重した方法で生産されたもの」と日本有機農業研究会によって定められています。

細かくは、ほうれん草などの単年作物なら2年以上、玉葱などの永年作物なら3年以上、化学肥料、農薬を使用せず完熟した堆肥などで土作りをし、栽培したものを言うそうです。

農水省の認定機関が加工業者、生産者を調査、認定し「有機JASマーク」がつけられ、そのマークがついている農産物だけが「有機」や「オーガニック」という表示を使用できます。

家庭菜園をやってみると分かるのですが、農薬を使わずに野菜を虫食いの無いきれいな状態で取り入れすることは不可能です。

しかし、購入者は虫食いの跡が残る野菜を買う人はいません。

見た目のきれいさを重視します。

ですから、生産者の方たちは農薬を使って見た目のきれいな野菜を作って売ろうとします。

そこに、安全性と、見た目との矛盾が起きてきます。

化学肥料や農薬を使っていない安全でおいしい野菜を食べたいと思ったら見た目の悪さは安全の証と割り切る必要があるかもしれませんね。

外食産業でも「有機野菜」をうたったレストランなども多く見かけることができるようになってきました。

たいていのレストランなどが有機野菜にこだわる分だけ、その他の食材や調味料なども無添加や安全さを考え国内産の物を使用するなどトータルで安全な食事ができるようになっているようです。

また、これも最近よくみかける「自然食」の飲食店なども店専用の農場を持っている事が多く、やはり無添加やオーガニックにこだわりのある食事が楽しめるようになっている様です。

現在の人々は「美味しい食事」以外にも「安全な食事」にもこだわりを持つ人が増えているということだと思います。

虫さえも食べない野菜を人間が食べてよいわけがありませんよね。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。