ベジタリアンという人たち

皆さんは「ベジタリアン」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

ベジタリアンは「野菜のみ食事に取り入れる人」や「菜食主義者」というイメージが浮かぶと思うのですが、ベジタリアンとは詳しくはどのような人々の事をいうのでしょうか。

「ベジタリアン」とはベジタリアニズムを実践する人の事をいいますが、ベジタリアニズムとは、健康、宗教、道徳などの理由から肉食を排する思想や主義の事を指します。

上にも書いたように「菜食主義」と訳される事も多いのですが、実際には色々な流派が存在し、単なる「野菜食」を指す言葉ではないそうです。

日本ベジタリアン協会によるとベジタリアンは4種類に分類できるらしく、ビーガン・ピュア・ベジタリアンの人々は動物性食品を一切摂らず、動物製品を身に付ける事も一切しないそうです。

植物性食品に加えて乳製品などを摂る人々をラクト・ベジタリアン、そして植物性食品と乳・卵に加え魚介類を食べる人々をペスクタリアンといいます。

またペスクタリアンの中でも魚介類の他に鶏肉を食べる人々を、デミ・ベジタリアン、セミ・ベジタリアンなどと呼ぶそうです。

最後に植物性食品と乳・卵を食べる人々をラクト・オボ・ベジタリアンと呼び、欧米のほとんどのベジタリアンがこのタイプだそうです。

植物性の食品だけではたんぱく質などがきちんと摂れるのかというと、穀類と豆類を合わせて食べる事により完全なアミノ酸ができ、栄養面では十分である事が分かっています。

ベジタリアンの有名人にはソクラテス、シュバイツアー、ニュートン、レオナルド・ダ・ビンチなどがおり、最近ではマイケル・ジャクソン、スティービーワンダー、マドンナなども有名です。

「ベジタリアニズム」というと、欧米や東南アジアなど海外のイメージも強いですが、日本でも寺での修行の際などは厳密な菜食が行われています。

日本の場合は大豆などの豆類でたんぱく質を摂る工夫をした精進料理が有名です。

ベジタリア二ズムは宗教上や健康の為に実践する人が主ですが、最近ではファッション感覚で行う人もいる事がわかっているそうです。

ベジタリア二ズムというと野菜を多く摂るイメージで健康や美容にも良い手軽なものにも思えますが、正しい知識の元に行わないと単なる偏食になりかえって健康を害するものにもなってしまうそうです。

ベジタリアンにとってもそうではない人にとってもやはり食事は「バランスよく」が基本なようです。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。