野菜のカロリー

野菜といえばカロリーを気にする人にとってはとても便利な食材だと思います。

低カロリーの代表の野菜類、ひとことで野菜といっても様々な種類がありますがそれぞれのカロリーはいったいどれくらいの幅があるのでしょうか。

まず100g食べても30kcal以下の野菜を挙げると。

わけぎ、ワラビ、レタス、みつば、みょうが、もやし、モロヘイヤ、白菜、バジル、ピーマン、ふき、ブロッコリー、なす、ほうれん草、ゴーヤ、にら、ねぎ、野沢菜、大根、高菜、竹の子、玉葱、青梗菜、冬瓜、トマト、さやいんげん、春菊、ズッキーニ、セロリ、ぜんまい、かぶ、カリフラワー、キャベツ、きゅうり、クレソン、アスパラガス、うど、おかひじきなどがありとても豊富です。

しかし低カロリーとはいえ調理法によっては高カロリーになりやすいものでもあるので気をつけたい点であるといえます。

逆に野菜の中では高カロリーといえる食材は、

さつま芋、じゃが芋、里芋、かぼちゃなどの芋類、またごぼうやレンコンなどの根菜類でしょうか、豆類も高カロリーなものがほとんどです。

そしてアボカドなども高カロリーな野菜として有名です。

しかし野菜の中でも高カロリーといえる食材も、栄養価は高いですし、米などの穀類やバターや油などと比較するとやはり低カロリーと言える為、適量を食事にバランスよく組み合わせたい食材であるといえます。

野菜に限らず特にダイエット中はどんな食材でも「適量」摂る事が大事なようです。



栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。