旬の野菜・冬の野菜

今の時代はスーパーへ行けば一年中きゅうりはあり、いちごも冬でも店頭に出ています。

クリスマスケーキの上にはイチゴが乗っていますしイチゴは冬の食べ物と思っている子供もいるのではないでしょうか。

スーパーの店頭では季節の野菜というものが無くなりつつあります。

ハウス栽培のお陰でいまではこのようなことが出来るようになりましたが、本来野菜にはそれぞれ「旬」と言うものがあります。

例えば関東では白菜の種は9月の下旬に蒔きます。

この時期を逃すと葉が巻かなくなって開いたままになって砲弾のように結球しません。

本当に不思議なものです。

日本には四季があります、その四季にそれぞれ旬の野菜というものが出来るわけです。

寒い季節の料理といえば鍋などが思い浮かびますが、鍋には沢山の野菜を入れるのではないかと思います。

日本各地で様々な鍋料理があります。

日本の鍋自慢

そこで寒い冬の季節の旬の野菜、鍋に適した野菜があるわけですね。

例えばどんな野菜があるでしょうか。

冬の野菜の代表は白菜、ほうれん草、小松菜、ゆり根、ねぎ、かぶ、大根、にら、みず菜などですが、その中でも白菜、ほうれん草、かぶ、ゆり根に注目してみたいと思います。

まず白菜ですがこれは11月〜2月が美味しい時期とされています。

選び方は外葉が大きくしっかり巻かれているもの、株の切り口がみずみずしいものなどがいいですね。

保存のきく野菜で、冬などは丸ごとの場合は新聞紙に包んで寒い場所に立てて置くと日持ちがします。

カットされている場合は冷蔵庫にラップをかけて保存します。

そして、カットされている白菜を買う時は切り口が盛り上がってないものを買うようにして下さい。

そのほうが新鮮という事です。

そしてほうれん草は葉が下の方から密集しているもの、茎が太すぎないもの、鮮やかな緑色のものを選ぶと良いです。

ほうれん草は固めに茹で、カットしてから冷凍保存する事も可能で便利な野菜ともいえると思います。

またかぶは聖護院かぶ、赤かぶなどがありますが、それぞれ10月〜12月と11月〜12月が旬とされています。

ツヤがあり茎にきちんとした堅さがあるものを選びます。

保存は葉をすぐに切り落として茎と別々にする事が正しい方法です。

切り落とした葉は捨てずに食べてくださいね。

最後にゆり根ですが、丸く堅くしまっているもの、変色していないものを選び保存方法はラップで包み冷蔵が良いそうです。

ゆり根の主な調理方法は卵とじ、ご飯物に混ぜる、炒め物、茶碗蒸し、汁物など豊富にあるようです。

冬の旬野菜には主に体を温める効果が多いそうですから、寒い季節に上手に利用したい食材ですね。

冬の野菜は色の白いものが多いですよね、大根、白菜、かぶ、根深ネギ。

ミズ菜にしても根の方は白っぽいですよ。

いずれにしても、地元で摂れた旬の野菜を沢山取りたいですね。
【旬の野菜の最新記事】
| 旬の野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。