野菜と脳の関係

健康の為には「一日350gは野菜を摂ろう!」と言いますが、なかなか上手く行きません。

でも実際に野菜の栄養を学ぶことによってその価値がわかってくるのではないでしょうか。

今回はその栄養素の中でも脳の健康に野菜はどのような効果を発揮するのか調べてみましょう。

食品を色々な種類摂取している人は学習成果が良く、食品の中でも特に野菜、魚介類、豆類が良いとされていますが、その中でも野菜不足の人は知能低下や性格を歪めるような症状があらわれるという報告があるそうです。

大根、きゅうり、レタス、白菜、ピーマンなどの一週間の摂取量がおよそ2倍の学生は成績のうえでも野菜の不足している学生より良い結果を出しているそうです。

お子さんをお持ちのお母さんはチョット気になる報告ですよね。

例えば、赤血球のもとになる鉄分を多く含むサラダ菜、春菊、小松菜、かぶなどをしっかりと摂る事により脳に十分な血液を送る事ができます。

そしてまた脳に欠かせない栄養素にはビタミンCやビタミンB群がありますが、これらを血液中に長い間とどめる事のできる野菜が玉ねぎ、にんにく、にら、ねぎなどとされています。

その他に脳に関係する栄養素としては、ビタミンやミネラルの過不足が脳に影響を与えると情緒不安定になります。

ビタミンに加えカルシウムの過不足はイライラして怒りっぽく切れやすい性格になるといわれています。

犯罪歴のある人物はやはり体内の必須栄養素のミネラル9種(ナトリウム、カルシウム、亜鉛、リン、銅、鉄、マンガン、カリウム、ベリリウム)が不足していたという報告もあるそうです。

旬の無農薬野菜を多く摂る事により、カルシウムなどが多く取れますが、マグネシウムも注目すべき栄養素のひとつで、神経系の鎮静作用を持っています。

マグネシウムが豊富な野菜の代表はほうれん草ですが、その他に豆類、ひじきなどの海藻類、とうもろこしなどに多く含まれているそうです。

野菜以外ではナッツ類、バナナなどにマグネシウムが豊富に含まれています。

また野菜、そして果物もですがこれらを過不足無く摂る事により脳卒中やアルツハイマー病の予防も期待される事が分かっています。

野菜、果物には脳の年齢を若く保ち、認知力の低下を防ぐ効果があるというわけです。

最近の子供の食生活を考えるとこれらのデーターと合致するように思いませんか。

成長期の子供や、高齢者、その他の世代の人々にも健康には野菜も必要なもののひとつであるということが分かりますが、やはり野菜に限らず色んな食材をまんべんなく摂る事が脳の健康にも体の健康にも良いということがいえるのではと思います。





【野菜の効用とはどんなものの最新記事】


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。