野菜を食べるとこんな効果が出る

野菜といえば健康に良く栄養が豊富というイメージが有りますがその効用にはそれでは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

ネギ、しょうが、カリフラワーといえば一般的に風邪に効用があるといわれています。

ネギは白い部分に風邪のウイルスに対する殺菌、発汗、解熱作用などがあり、香りの成分に殺菌作用やのどの痛みに良い成分があります。

そして保温、発汗作用もあります。

ちなみに私はこのネギを風邪かなと思ったときよく利用するのでその利用法をご紹介します。

根深ネギ1本を刻みます。

それをお椀ににいれ味噌を適量加えます。

そこに沸かしたお湯を注ぎ味噌汁のようにします。

この熱々のネギ味噌汁でネギを沢山食べ直ぐに寝ます。

このようにして風邪気味の時にネギを食べる為だと思いますが風邪でお医者さんに行く事は殆どありません。

またしょうがには鎮痛、鎮咳、発汗、解熱作用があり、カリフラワーにはビタミンCが多く、免疫力を高めウイルスを撃退します。

風邪気味の時は一日の所要量の3倍ほど(300g)ビタミンCを摂る必要があるそうです。

ビタミンCのキャンディとかタブレットとかありますよね、こんなのも利用する手もあると思います。

体の疲れにはにんにく、ニラ、アスパラガスが良く、にんにくのアシリンは疲労回復効果のあるビタミンB1(豚肉、うなぎなどに多く含まれる)の吸収を高め、長続きさせる効果が、ニラもまたにんにくと同じような効果があります。

さらにニラにはカロチン、ビタミン類、ミネラルも豊富でカロチンは皮膚を強化します。

アスパラガスはアスパラギン酸(ドリンク剤がありますね)がエネルギー代謝向上、スタミナアップ、疲労への抵抗力に効果があります。

カルシウムが不足するとイライラにつながるとされていますが、このイライラには小松菜、かぶの葉、セロリが良いとされています。

小松菜は余り栄養素が無いと思われがちですが、カルシウムが豊富でほうれん草の5倍ほど含まれています。

カルシウムの他には亜鉛も含まれ、これは不足すると情緒不安定や注意力散漫などの状態になります。

かぶの葉にも小松菜と同じような栄養があり、ビタミン類も豊富です。

最近は大根の葉もそうですが、切り落とされているものが多いですが積極的に葉付きのものを買ってきて葉の部分を食べたいですね。

セロリ(特に葉の部分)は香りに含まれるアビオイルがストレス解消、イライラを静める働きがあります。

カルシウムはビタミンDを多く含む食品(きのこ、魚、レバー)と共に摂ると良いとされています。

野菜には色々な効用があるようですね、やはり上手に食事を組み合わせて食べると相乗効果でより栄養素を摂る事が出来る食材であるといえます。
【野菜の効用とはどんなものの最新記事】


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。