野菜の栄養と体に及ぼす効果

野菜不足は健康に気をつかう人なら誰もが気になる事ではないかと思いますが、それではその野菜を摂る事でどのような栄養を補う事が出来、体にどんな効果があるのでしょうか。

野菜を種類別にみてみると、まず緑黄色野菜、これは可食部100g中にカロチンを600マイクログラム以上含有する野菜のことを指します。

青ピーマン、トマトなどは含有量が足りないのですが緑黄色野菜と定義されています。

緑黄色野菜には、カロチンのほかに、ビタミンB1・B2、ビタミンC・E、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれており、ビタミンB1・B2、ビタミンC、カルシウム、鉄、カリウムなどは淡色野菜のおよそ2〜3倍多く含まれています。

そして淡色野菜とは緑黄色野菜以外のカロチン含有量の少ない野菜を指します。

栄養素は野菜によって様々ですが、主に体の調子を良好にする役割を持っています。

例えばキャベツに含まれるビタミンU、これはキゃベジンといえば解りやすいかもしれません。

玉ねぎに含まれるアリシン、これはビタミンB1の吸収をよくします。

セロリのあの独特な香り、セネリンは肝臓強化、食欲増進などの働きがあります。

体を細菌などから守る働きをする白血球やマクロファージと野菜の関係についての研究などからは、緑黄色野菜よりもキャベツや大根などの淡色野菜の方が免疫を高める作用がある事が分かっています。

そして淡色野菜に含まれるイオウ化合物には体の免疫システムを活性化させ、ガンや生活習慣病予防に効果があるとされています。

また、ねぎ、玉ねぎ、らっきょうなどに含まれる硫化アリルには免疫力向上の他にも疲労回復、生活習慣病やガンを予防する効果が認められています。

つい最近まで栄養素の多い野菜としては緑黄色野菜ばかりが注目されてきましたが、淡色野菜の健康への役割も次々と発見されています。

緑黄色野菜も淡色野菜も両方をバランスよく摂るのが一番なようです。

目安としては1日に緑黄色野菜120g以上、淡色野菜200g以上を摂るように心がけると良いとされています。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。