野菜の栄養素

野菜というと健康な食生活には欠かせない大切な食材だと皆さんご存じだと思います。

それではそのいろいろな野菜にはどんな栄養が含まれているのでしょうか。

まず冬に向かって大切な体の免疫力を高め、風の予防、ウィルス撃退などの作用のあるビタミンCが色々な野菜に含まれている事が分かっています。

ビタミンCは含有量の多い順に赤ピーマン、めきゃべつ、黄ピーマン、菜の花、パセリ、ブロッコリー、かぶの葉、カリフラワー、ピーマン、ゴーヤとなっています。

ビタミンCは免疫力向上などの他にがん予防の作用もありその作用はビタミンEと共に摂る事で更に向上します。

コラーゲンの生成にも関与し、しみ、そばかすの予防、美白など美容にも効果があることも忘れてはいけません。

続いて緑黄色野菜に含まれるβカロチンです。

これは体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAが不足すると視力障害などが起こります。

またビタミンAには胃腸や気管支などの粘膜を正常に保ち、皮膚を作る役割があります。

そして、最近特に注目されているのが、がんや老化防止にも効果があると言うことです。

βカロチンを多く含む順に野菜を並べるとしそ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジル、あしたば、春菊、ほうれん草、西洋かぼちゃ、大根の葉、となりますが、これらの野菜は油で調理する事によりβカロチンの吸収を高める事ができます。

そしてカリウムも多くの野菜に含まれている栄養素ですが、これは含有率の多い順に、パセリ、ゆり根、ほうれん草、おかひじき、里芋、めきゃべつ、枝豆、山芋、あしたば、モロヘイヤとなっています。

カリウムは体内の塩分量を調整し利尿作用があります。

塩分の摂取が多い日本人には特に注目して欲しい栄養素です。

そしてエネルギー代謝の活性化、たんぱく質を作る働きへの作用、神経、筋肉の機能を正常に保つ働きがあります。

体内でカリウムが増えると血圧が下がりますが、不足するとインスリンの分泌を抑制します。

そうなると満腹感を感じることができなくなり肥満の原因やむくみ、血圧の上昇をまねいてしまいます。

ダイエットをしている人には積極的に食べてもらいたい野菜です。

カリウムは加熱に弱い為、生で食べるのが一番ですが、煮て食べる場合などは煮汁も一緒に食べる事で栄養を効率よく摂取することができます。

ビタミンC、βカロチン、カリウム、以外にも野菜の代表的な栄養素といえば、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、カルシウム、鉄、食物繊維など様々です。

これらの栄養素を効率よく摂る為にはやはりまんべんなく色々な野菜を摂取する事が必要といえるのではと思います。

まんべんなく野菜を食べる事によってそれぞれの野菜が持つ栄養素が相乗効果を発揮してくるのです。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。