野菜不足

人間の健康や体を作るうえでとても大切な役割をする野菜ですが、近年特にその野菜の摂り方が不足してきています。

野菜不足が起きると体にどのような事がおきるのでしょうか。

一日に必要な野菜の量は350gと言われています。

そのうち緑黄色野菜を120g摂ることが良いとされていますが、平成13年の国民栄養調査結果によると日本人のほとんどが必要量の約8割しか野菜を摂れていない事が分かっています。

最近はこの数字がもっと落ち込んでいるのではないでしょうか。

そのうちカボチャ、人参、ホウレンソウ、ブロッコリー、小松菜、青シソなど活性酸素を除去してがんや動脈硬化を予防する働きのある緑黄色野菜は8割にも満たない量しか摂れていないとされています。

また果物も必要量に満たない量しか摂取されていないのが現状なようです。

野菜不足によって起こる代表的な症状は便秘、肌荒れなどや、病気の予防がしにくくなる事です。

最近ではガンや脳卒中、心臓病などの生活習慣病の予防や抗酸化作用や高血圧の予防にも効果があることがわかってきています。

このように健康生活に不可欠な野菜ですが摂取不足は否めません。

こんな野菜不足を解消する方法の一つとしてはサプリメントがあります。

例えば、ビタミン類のサプリメント、またミネラル類の錠剤のサプリメントなどがあります、他にも青汁など粉末状のサプリメントや色々な種類のサプリメントが色々なメーカーから販売されています。

また野菜ジュースなどで栄養を補うのも手軽な方法と言えるでしょう。

そして最近では野菜不足を補う為の加工食品も多く出されています。

乾燥野菜の入ったカップ麺、味噌汁、スープやレトルトの食品にも「豊富な野菜」を謳い文句にしたものが多く出てきたといえます。

しかしまだまだ野菜の摂り方は充分とはとてもいえません。

手間をかけた分だけ色々な相乗効果を期待出来るという事を誰もが分かっているはずですが、現代生活用式の中でなかなか摂取できない食材の代表が野菜であるといえるのかも知れません。

【野菜と健康の最新記事】


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。