野菜ジュースを利用したいですね

良く一日に必要な野菜の量は350gと言われていますが、誰もが野菜好きというわけでもなく、生活スタイルによっても必要な量だけ野菜を摂る事は難しい場合も多いと思います。

そんな中で手軽に野菜の栄養素を摂る方法としてはサプリメントや野菜ジュースなどが思い浮かびますが、今回は野菜ジュースの方に注目してみたいと思います。

野菜ジュースといっても色々で、多種類がミックスされたものや果物とミックスされたものなどがありますが、その中でも多く飲まれているのがトマトジュース。

直接飲む事もできますし、スープや煮込み料理など色々な料理にもアレンジすることができます。

トマトの赤い色はカロテノイドという色素の一種であるリコピンによるものですが、リコピンにはガンなどの発生を抑える抗酸化作用が期待出来るという事です。

そして悪玉コレステロールの抑制、抗アレルギー効果などの機能も期待でき、そのリコピンの量が加工用トマトには生食用に比べて豊富だといわれていますので、トマトジュースにもリコピンが濃縮されている事になります。

そして野菜ジュースといえばミキサーなどでの手作りの物も思い浮かぶと思いますが、組み合わせる野菜などはどの様なものでも良いとされます。

果物をミックスする際は果物と果物の様な組み合わせは果糖の摂り過ぎも考えられますのでヘルシーとは言えないものにもなってしまう点は気をつけたい所です。

その他にアクの強い野菜、生食できない野菜はゆでてから使用、そして切った野菜はすぐにミキサーにかけ、出来上がりをすぐに飲むことが栄養面も風味でも一番だそうです。

野菜ジュースの摂取は、忙しい現代人の生活スタイルにはぴったりな野菜の摂取方法であるともいえるのではないでしょうか。

宅配野菜のメリット

皆さんはどの様な形で野菜を手に入れる事が多いでしょうか?

八百屋さんやスーパーや直売所での購入、あるいは自分で栽培したりまたは親戚などから送られて来る事もあるでしょうか。

そんな中でも今回は「宅配野菜」に注目したいと思います。

宅配野菜のメーカーといっても様々な会社があると思いますが、スーパー、生協など多品目を宅配するシステムでも野菜はお馴染みの商品であるといえます。

宅配野菜のメリットとしては、手に入りにくい無農薬野菜を厳選して取り寄せられる事や、野菜といえば重いものも多いので重いものを運ぶ手間がはぶける事、まとめ買いが簡単に出来る事などが挙げられるでしょうか。

そして無農薬野菜などからも食の安全性が得られる事や、味の面でも自分では選びにくいものなども間違いなく宅配されてくるのではないでしょうか。

そして季節ごとの旬の野菜が宅配されるシステムもあり、季節感もあるものである事も良い点ですし、上に書いた無農薬のものはスーパーなどでは高めの値段で出ているようなので、見た目も良くないうえに高い値段で普段は手に取りにくいものでもあるといえますが、健康や味の事などを考えると宅配の厳選された無農薬野菜というのも購入の際にスーパーなどとは違う思い切りのようなものがついて利用しやすいというメリットなのではと思います。

一見宅配野菜などは手間のかかる作業にも思えますが、現在ではインターネットなどで手軽に注文できるサイトも多くあり、料金面での特典なども期待できそうです。

夏場などの野菜の傷みやすい季節も保冷箱での宅配などきちんと考慮されているメーカーがほとんどです。

これからの社会の高齢化にとっても益々役立つシステムとなってくるのではと思います。

また、買う側だけでなく売る側の農家などにも役立つシステムなのではといえます。

大都市周辺では共稼ぎ世帯も多く今後もこの宅配システムの利用は益々増加していく傾向に有ると思います。

ベジタリアンという人たち

皆さんは「ベジタリアン」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

ベジタリアンは「野菜のみ食事に取り入れる人」や「菜食主義者」というイメージが浮かぶと思うのですが、ベジタリアンとは詳しくはどのような人々の事をいうのでしょうか。

「ベジタリアン」とはベジタリアニズムを実践する人の事をいいますが、ベジタリアニズムとは、健康、宗教、道徳などの理由から肉食を排する思想や主義の事を指します。

上にも書いたように「菜食主義」と訳される事も多いのですが、実際には色々な流派が存在し、単なる「野菜食」を指す言葉ではないそうです。

日本ベジタリアン協会によるとベジタリアンは4種類に分類できるらしく、ビーガン・ピュア・ベジタリアンの人々は動物性食品を一切摂らず、動物製品を身に付ける事も一切しないそうです。

植物性食品に加えて乳製品などを摂る人々をラクト・ベジタリアン、そして植物性食品と乳・卵に加え魚介類を食べる人々をペスクタリアンといいます。

またペスクタリアンの中でも魚介類の他に鶏肉を食べる人々を、デミ・ベジタリアン、セミ・ベジタリアンなどと呼ぶそうです。

最後に植物性食品と乳・卵を食べる人々をラクト・オボ・ベジタリアンと呼び、欧米のほとんどのベジタリアンがこのタイプだそうです。

植物性の食品だけではたんぱく質などがきちんと摂れるのかというと、穀類と豆類を合わせて食べる事により完全なアミノ酸ができ、栄養面では十分である事が分かっています。

ベジタリアンの有名人にはソクラテス、シュバイツアー、ニュートン、レオナルド・ダ・ビンチなどがおり、最近ではマイケル・ジャクソン、スティービーワンダー、マドンナなども有名です。

「ベジタリアニズム」というと、欧米や東南アジアなど海外のイメージも強いですが、日本でも寺での修行の際などは厳密な菜食が行われています。

日本の場合は大豆などの豆類でたんぱく質を摂る工夫をした精進料理が有名です。

ベジタリア二ズムは宗教上や健康の為に実践する人が主ですが、最近ではファッション感覚で行う人もいる事がわかっているそうです。

ベジタリア二ズムというと野菜を多く摂るイメージで健康や美容にも良い手軽なものにも思えますが、正しい知識の元に行わないと単なる偏食になりかえって健康を害するものにもなってしまうそうです。

ベジタリアンにとってもそうではない人にとってもやはり食事は「バランスよく」が基本なようです。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。